FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。ブログの書き方がいまだ定まらない、みずほです。

さて、先日TOTOのショールームにてお風呂の仕様を決めてきましたが、
一番の悩みポイントは、浴槽の形でした。

標準で選べるのは、クレイドル、ラウンド、スクエアの三種類です。

まず、スクエア



すっきりしてて格好いいなーと、私は思ったのですが、ダラッと浸かった時に首が痛そうと、お風呂担当のパパが。
確かにイメージ図でもダラッとしてません。

ラウンド浴槽はこんな



段差のあるタイプです。
子供が座ったりするのにちょうどいいかなー。
一人でゆったり入るときも段差に足をのせれば楽だとか。


クレイドル浴槽はこんな



首回りを柔らかく受け止める滑らかな形状。とのことです。
ゆったり浸かるには、まさにうってつけ。

ラウンドかクレイドルの2つにしぼって、いざショールームへ。

スクエアは、確かにカクカクとしてて、リラックスするには不向きそうでした。
角っこに汚れがたまりそうだなーとも思いました。
やっぱりこれはナシで。

ラウンドは、段差がやっぱりしっくりこなかったそうです。
一人でゆったり入るにはやっぱり足の行き場が中途半端だとか。
うちの子は段差なくても立ったり座ったりでパシャパシャ楽しそうに入ってるし座れなくてもいいかなー、とも思いました。

何よりクレイドル浴槽の見た目がいいです!
ほどよい曲線でスッキリおしゃれなバスルームになりそうです。
見た目だけでなく、ゆったりと入ったときのすっぽり感がいいそうです。
足ー入ると、つい長湯しちゃいそうな形状です。
クレイドル浴槽だと、風呂蓋が標準で三点留めというのも、プラスポイントになりました。金額アップしてでも三点留めにするつもりでしたが、アップしないですむなら嬉しいですもんね♪

実際に見てみたら即決でした。
やっぱり実物見るのは大事ですねー。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2015.07.24 Fri l 設備 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。